Cortex Xpanse、攻撃対象領域管理(ASM)製品におけるリーダー的製品と評価

This post is also available in: English (英語)

現代のインターネットは複雑で、常に変化しており、攻撃者にとっては宝の山です。リモートワークやクラウドへの依存度が高まるなか、防御側は最大限の努力をしていますが、それでも情報の意図せぬ公開や資産漏えいは防ぎきれていません。日々、めまぐるしく変化する資産を人手で管理するのはもはや誰にも期待できません。ですが攻撃対象領域管理ツールを使えば、その作業は自動化できます。

以下はGigaOm Radarからの図で、ASM(Attack Surface Management: 攻撃対象領域管理)製品に求められる基本機能の製品比較を行っています。Cortex® Xpanse™は、より優れたデータ収集、ポリシー駆動型アクション、サードパーティ製品との統合、パロアルトネットワークスの幅広いCortex製品スイートとの統合など、求められた以上の機能を提供し、リーダーの座を獲得しています。

Cortex Xpanseは、中規模および大規模企業向けのベンダーとして、また、その柔軟な資産発見、発見頻度、拡張性などの機能について、「exceptional (非常に優れている)」と評価されました。 

GigaOmは「Cortex Xpanseのプロセスと技術が組織境界の内外を問わず資産を発見できる製品へとつながった。またこのプロセスと技術は、競合他社製品では難しかったスキャンの盲点も回避可能だった」とコメントしています。こうしたスキャンのほかに、Xpanseチームは、悪用されやすいCVEや、潜在的な設定ミス、コンプライアンス上の問題に基づいて、結果をピンポイントで示すよう設計されたポリシーの構築・維持も行っています。 

またCortex Xpanseは、Cortex XDR、Cortex XSOAR、Prisma Cloudなど、パロアルトネットワークスの他のソリューションをすでに導入済みの企業様には、さらなる価値を提供します。これらの製品を統合することにより、たとえばCortex XDRをお使いのお客様であれば、在宅勤務者の使用するネットワークのセキュリティ態勢に関するコンテキストを追加でき管理外のクラウドアセットPrisma Cloudでコントロールでき、Cortex XSOARを使ってステークホルダーへのアラートを自動ルーティングして修復作業にかかれます。

詳細については、GigaOm Radar for Attack Surface Managementレポートを今すぐダウンロードしてください。