オンライン学習教材Beaconで知識とキャリアのレベルアップを

This post is also available in: English (英語)

これから先、仕事をやっていく上で必要となる教育に必要な条件とは何でしょうか。それは、コンテンツがインタラクティブに提供されること、バーチャルで受講可能なこと、実践に即していること、そしてオンデマンドで利用できるものではないでしょうか。弊社のお客様やパートナー様に必要なトレーニングでもそれと同じことが言えます。使いやすいセルフサービスラーニングにより、目まぐるしく変化するサイバーセキュリティ関連テクノロジにすばやくキャッチアップしていく必要があります。

ここでご紹介する学習教材Beaconは、まさにそうしたニーズにうってつけのものです。Beaconにログインして学ぶことで、お客様、パートナーの皆様は、無料で総合的な学習を行うことができます。

弊社がBeaconを立ち上げてから1年すこしですが、立ち上げにあたってはBeaconを「パロアルトネットワークスのリソースをすべて1か所に集めた、インタラクティブで楽しく学べる総合学習ポータルサイトにしていきたい」と考えていました。そして最近ようやくお客様やパートナー様用の学習リソースのBeaconへの移管をすべて完了しました。これにより、オンライン学習教材、インストラクタ主導トレーニング、認定資格、技術コンテンツのすべてに、本当の意味で一元的にアクセスできる場所をつくることができました。

Beaconにログインして学び、知識とキャリアをレベルアップしていきましょう。お客様・パートナー様用学習リソースをすべてをBeaconに移し、オンライン学習教材、インストラクタ主導トレーニング、認定資格、技術的コンテンツのすべてに本当の意味で一元的にアクセスできる場所をご用意しました。

学びたい内容はお客様ごとにことなります。ですので、おすすめのコースと学習ロードマップはご提供しつつ、検索機能や参照機能を併せてご用意することで、Beacon内のトピックやコース、アセットをお好みで選択できるようにしてあります。また各トピックは、パロアルトネットワークスのコアテクノロジであるStrata、Prisma、Cortexごとに分割・整理し、各トピックをさらにサブトピックごとに分割しましたので、いちばん関連性の高い情報をすばやく見つけられるようになっています。またこうした情報は、デジタル学習、インストラクタ主導トレーニング、認定資格、特定テクノロジ・機能特化型のリソースを介して利用できるようになっています。学習ロードマップは、どんなことを身に着けたいのかや、お客様・パートナー様のニーズ、役割、専門に合わせて設定できます。たとえば「弊社製品の初期導入設定」から「構成の最適化」にいたるさまざまな疑問にBeaconはお答えします。

これは、ビーコンのデジタル学習サービスをフィルタリングして、サイバーセキュリティトレーニングのニーズに最適なものを見つける方法のいくつかを示しています。

パロアルトネットワークス製品を初めてお使いになるお客様におすすめのコース

弊社製品を初めてご利用になるお客様は、Onboarding and Initial Configuration (オンボーディングと初期設定)というトピックから始めるのがおすすめです。このトピックでは、登録、デプロイ、ツールとベストプラクティス、知っておくべきリソース、コミュニティなどに関する追加情報を見つけることができ、製品やサービスの登録方法をひとつひとつ丁寧に説明していくガイドのほか、次は何をすればいいのかに関する情報も見つけることができます。

学習の旅を続けていくなかで、さまざまなリソースにアクセスできるようになります。たとえば、デジタル学習インストラクタ主導トレーニング、認定資格などです。デジタル学習は、弊社の各テクノロジについてのさまざまなコースと、サイバーセキュリティ全体を深く掘り下げる基本コースで構成されています。デジタル学習では1回あたりの学習量を小さくし確認クイズを用意することで、ご自身のペースで受講を進めていけるようになっています。インストラクタ主導トレーニングでは、教室を使ったトレーニングと仮想的な配信によるトレーニングの両形式で専門トレーニングコースを提供しています。学習者はコースカタログを閲覧し、認定トレーニングパートナーのグローバルネットワークを通じてクラスに登録することができます。認定資格プログラムでは、最先端のサイバーセキュリティテクノロジのための役割ベースの認定資格と、資格取得準備用のリソースとをご提供しています。学習者は、学習ガイド、ブループリント、模擬試験などのリソースを利用して認定資格を取得することができます。

Beaconでは、ここに示すように、デジタルラーニング、インストラクター主導のトレーニング、認定など、サイバーセキュリティトレーニングのさまざまなオプションを利用できます。

そのほかさまざまなBeaconのコース

パロアルトネットワークス製品やサービスのさまざまな機能をより詳しく理解したいというお客様やパートナー様は「Self-Service Roadmaps(セルフサービスロードマップ)」のトピックから始めることをおすすめします。このトピックではBeaconで利用可能な機能を俯瞰して、最も関連性の高い機能を選択できます。たとえば、ネットワークエンジニアであれば、ネットワークエンジニア向けの「Zero Trust(ゼロトラスト)」トピックを選ぶ、などが可能です。また、「Use Cases(ユースケース)」というトピック以下のサブトピックも、お勤め先企業のニーズに合わせて利用できる優れた内容となっています。たとえば「Secure Your Remote Workers(リモートワーカーを保護する)」というサブトピックでは、リモート勤務の従業員保護のためにテクノロジの展開・管理を行う方法について説明しています。

このほか、ベストプラクティスをお探しの場合でもBeaconには強力なリソースが揃っています。たとえば製品・サービスの各機能の設定内容を評価する「ベストプラクティス評価(BPA)」の実行方法や、専門家コミュニティ・ユーザーグループへの参加方法、専門家とつながる方法などです。

パロアルトネットワークスが提供する学習リソースを実際に見てみましょう

各Beaconのロードマップには、パロアルトネットワークスが管理しているさまざまなリソースからの情報を含めてあります。たとえばTechDocs、LIVEcommunity、カスタマーサポートポータル(CSP)、弊社Webサイト、ナレッジベース、このほか5つ以上のサイトからの情報です。この1箇所に情報を集めることでで、必要な情報を探していろんな場所を個別に検索しなくてもよくなりました。くわえて、パロアルトネットワークスが管理・提供しているリソースとしてどのようなものがあるかを詳しく知ることで、個々の利用者にとって最も有用な情報がある場所がどこなのかについても学ぶことができます。 

さあBeaconサイバーセキュリティスキルを伸ばす学習を始めましょう!

このブログはパロアルトネットワークスが提供するcybersecurity learning resources (サイバーセキュリティ学習リソース)という連載シリーズの一部です。