パロコミ エピソード1: マンガで見るパロアルトネットワークスでの働き方 - 入社早々在宅勤務で大丈夫?

「テレワークの中での転職なんて無理」「業界未経験の中でのテレワークなんてもっと無理」「転職したら育児や趣味ができなくなるんじゃないか」と、キャリアアップのために転職はしたいものの、二の足を踏んでいる人は多いのではないでしょうか。新しい環境で新しい仕事にチャレンジする転職自体、不確実なものだらけで不安でいっぱいになるものです。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、パロアルトネットワークスでは2020年3月からテレワークに完全シフトしてちょうど2年が経過しました。勤務地の選択を含め、柔軟な働き方と生産性や安全性を社員1人1人が実現できるよう、新しい働き方に関するプログラム「FLEXWORK」も始まりました。

テレワーク需要やインフラ・サイバーセキュリティ投資の増加といった世の中の流れを受けて、テレワーク環境の整備やクラウド移行、ITインフラの全面刷新、セキュリティ運用の変革に至るまで、多くのお客様から様々なご相談を頂戴しています。お客様のニーズにこたえるために、完全テレワークの状況でも、お客様への支援体制のさらなる強化のために、積極的に採用活動を行っています。いまでは、全社員の1/3がこのコロナ禍に入社した仲間です。

パロアルトネットワークスでは、転職を検討している皆さんを対象に、コミック「パロコミ」という形で情報発信を開始します。Inclusion & Diversity プログラムの一環で開催しているワークショップの中で、社員によって選ばれた社員にとっての会社のバリューを紹介します。セキュリティ業界での転職を考えているみなさん、パロアルトネットワークスに興味をお持ちの皆さんに、パロアルトネットワークスの社風や日常、そしてどんな社員が仲間になるのかを少しでもイメージしていただきたいと思っています。

パロコミエピソード1 Speed! Support! PaloAlto! 入社初日、緊張しながらSlackで社内チャットをはじめたKagayaki君。入社を歓迎するメッセージの通知がとまらない状態に涙がとまらない…サポート力の高さにリモート中心の働き方への不安がなくなっていきます

オフィスに行くことが当たり前だったコロナ以前は、新入社員のオンボーディングは当然ながらオフィスで行われていました。コロナ禍では、直接会うことなく自宅で画面を通じてオンボーディングが行われているため、不安に感じる新入社員の皆さんも少なくありません。転職先での初日は、オフィスの中でも不安だらけな中で、自宅からであればなおさらです。

パロアルトネットワークスでは、新しいメンバーが自宅からでも安心してオンボーディング、仕事ができるように取り組んでいます。入社初日のオリエンテーションもビデオ会議ツールを使って行われています。入社後の日常も、状況に応じてチャットツールやビデオ会議ツールなどのコミュニケーションツールを積極的に使い分けて、何かあればその場で解決できるように周りの仲間が新入社員の皆さんをサポートしています。

新しくチームに加わってくれた仲間が、分からないことや困っていることをそのままにしない、会社にすぐに溶け込みやすくする、戦力として1日でも早く活躍できるようになってもらうために日々取り組んでいます。

パロアルトネットワークスに少しでも興味をお持ちの皆様は、こちらをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。